攻撃防御方法からみた医療判例評釈

編集
大阪弁護士会医療委員会
発行
大阪弁護士協同組合
発行日
平成29年3月31日
価格
1,620円(定価)(税込)

数量:

内容の紹介

本書は、平成25年3月に発行しました『医療紛争処理マニュアル』の続編です。同書は医療紛争の手続面に関する解説でしたが、本書は、実務上の争点にスポットを当て、過去の裁判例の判断を検証するものです。そして、その検証に際し、過去の裁判例において、いかなる主張立証を行うことが可能であったか、それによって結論が分かれた可能性があったのではないかという点に主眼をおいています。

もくじ

1急変原因の認定
  カンガルーケア中の急変例(許功)
  大阪地裁平成25年9月11日、大阪高裁平成26年10月31日控訴棄却(上告棄却確定)
  テーマ:新生児の急変原因の認定

2診断に関する過失・因果関係の認定
(1)胸椎化膿性脊椎炎、硬膜外膿瘍による下肢麻酔の合併例(東幸生)
   東京地裁平成25年1月24日(請求棄却・控訴)
   テーマ:早期診断上の過失(化膿性脊椎炎)

(2)劇症型急性心筋炎による死亡例、早期診断上の過失(国本聡子)
   長崎地裁平成26年3月11日、福岡高裁平成27年2月26日(確定)
   テーマ:因果関係の認定(相当程度の可能性)

(3)新生児MRSA感染から膝関節炎の合併例(小島崇宏)
   横浜地裁平成24年5月24日(1審後経過不詳)
   テーマ:MRSA感染の早期診断上の過失と因果関係の認定(割合的認定)

(4)脳内出血管理中の頭蓋内圧亢進による両眼失明の合併例(木ノ島雄介)
   大阪地裁平成24年10月30日、大阪高裁平成25年5月31日(確定)
   テーマ:診療ガイドラインに基づく過失認定(水頭症)

(5)急性心筋梗塞による心肺停止例(百井幹雄)
   東京地裁平成23年4月27日(確定)
   テーマ:早期診断・治療上の過失(急性心筋梗塞)

3治療に関する過失・因果関係の認定
(1)術後気道閉塞の合併例(許功)
   広島地裁平成23年2月23日(確定)
   テーマ:緊急時の挿管方法上の過失認定と因果関係の認定

(2)脳内出血管理中の水頭症増悪と血腫除去術後のMRSA感染の合併例(須藤隆二)
   岡山地裁平成25年11月13日、広島高裁岡山支部平成26年4月24日(上告受理申立)
   テーマ:薬剤投与上の過失認定(添付文書)と因果関係

(3)総胆管結石術後の遺残結石による急性膵炎の合併例(宇野裕明)
   那覇地裁平成23年6月21日(控訴審にて和解)
   テーマ:手術手技上の過失認定


メンバーズエリアへ